為替への介入という言葉はご存知でしょうか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、テレビ番組、グーグル等のニュースで注目したみなさんもいると思います。そもそも外国為替市場介入(為替介入)といえば我が国においては、◯大臣(財務大臣)為替のレートの沈着を実現するために施行する手はずとして見なされています。要は、極端な円高・円安になった時に財務大臣の用命のもとに中央銀行である日銀が円の売買をして為替相場の安定をさせる、ものです。外国為替市場介入(為替介入)には種類があります。1.単独介入・・・政府や日銀が東京市場で自ら市場に参入してきて為替介入をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが協議し、それぞれの銀行などが金を使いタイミングを合わせてもしくは時々為替介入を行なっていく。3.委託介入・・・異国の通貨当局に対して外国為替平衡操作(為替介入)を委託する。4.逆委託介入・・・日銀が外国の通貨当局の代わりに為替の介入を実施する。こういった種類です。どの為替の介入もその場、もしくは当分為替に影響力を与えるでしょう。外国為替市場介入(為替介入)の金額はやはり自分の国の権威をかけているだけにスケールが違うのです。円を元に説明すると、日頃はほんの少し変化するレートが急に数円の変化をします。個人投資家の人なら一回くらいは体験したと思うのですが、これまでスムーズに含み益(もしくは損失)が多いポジションをキープしていたところへ、保持している持ち高が決済したとのことで連絡がFX業者の人間よりメールが。どの程度利益が出たのかな(損したのかな)?と思いつつ決済のデータを確認したところ自身が想像していた事とはまったく反対の状態であり驚いたといったケースがよくありました。外国為替平衡操作(為替介入)が実施された場合に多く聞いた話なのです。この例のように為替の介入が施行されると為替の動きと真逆の変動をするものなのです。変動する金の幅はでかく変わりますので注意が必要です。