外為市場としての外国為替証拠金取引を詳しく見ていきます。

FX(外国為替証拠金取引)のやり方は二国の通貨を交換してその二つの差額の利益をもらうというような方法となります。

これら両国のお金の関係で出てくる差をスワップ金利と呼ぶのです。

こうしたスワップ金利は、本来はスワップポイントといわれているとのことです。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントは、一日ごとにでももらえますけれども日々の相場の変動によって違ってくるとのことです。

こんな外国為替証拠金取引のスワップポイントをもらうことを目的に外国為替証拠金取引(FX)のトレードを行っている人たちもいます。

スワップ金利は、取引業者それぞれで違う点があるのでできるだけスワップポイントが高い業者で取引したいですね。

しかしながらスワップポイント(スワップ金利)は為替レートが変わることで変化してしまうので注意をしてください。

また為替の取引を行うにあたりチャートを読み取る事が欠かす事ができなくなってきます。

こうしたグラフを見る事で為替相場の動向を読む事が出来ると言います。

外国の為替に慣れていない人が見ると、いったい何のチャート?などとわからないと感じるでしょうけど重点を捉えておくとチャートの理解が出来るようになるそうです。

どこから日本円が上昇するあるいは下がるだろうというように、このタイミングが一番円安などとこの図表を見る事で判定が可能になり為替トレードをやる時はかなり便利なネタとなるはずです。

図表は日本では一般にローソク足(陰陽足)が使われておりローソク形の図で表現されています。

そのローソク足(陰陽足)によって、高値と安値、そして終値と始値などを表していてチャート図において多種多様な格好になっているのです。