車の【全損】とは名称が示すとおり全部が破損してしまう場合でつまり走行することができないという状況の移動手段として役目を満たさなくなった時に用いられますが、自動車保険で言う【全損】は多少同様ではないニュアンスが含まれています。

自動車保険のケースでは乗用車が破壊された状態で『全損と分損』という風に区分され分損は修理費が保険金内でおさまる状況を指し逆に全損とは修復のお金が保険金より高くなる状況を指します。

普通、車の修理で『全損』と判断されると車の心臓、エンジンに決定的な損傷が存在したり乗用車の骨格が歪んでいたりして修繕が不可能な時再利用か廃車と結論付けられるのが常識です。

ですが、交通事故を起こして業者や自動車保険会社が必要な修理費を推定した際に見た目がちゃんとしていて修理が可能な時でも修復の費用が補償額よりも高ければそもそもなんで乗用車の保険入っているのか分からなくなります。

こういった場合では(全損)と結論付けて自動車の所有権を車の保険の会社に譲渡して保険額を支払ってもらう条件になっています。

もちろんの事ですがかなりの時間乗った自動車で執着があり自分のポケットマネーで直してでも使いたいという方はいくらでもいますから事態に応じて車の保険屋さんと確認しあうといいのかもしれません。

また、自動車の保険ではこのような状況が考えられていて特約等の【全損】のために特約を設けている場合がたくさんあり不幸にも自家用車が《全損》なった時でも購入など費用を一部もってくれる時も実在します。

尚盗難時補償金の特約をつけてると盗まれた車が発見できない状態でも《全損》となり、補償金が支払われるサービスになっているようです。